オリンピックの種目いろいろ!

真央ちゃん、羽生くんと一緒に、自転車を応援する冬がやってくる!?

 

 

 

 

 

 

    シクロスという自転車、あなたはご存知だろうか?

 

 

 

 

    ロードバイクとほとんど見た目は同じだが、
    ブレーキとタイヤが大きく異なるこのシクロクロスが、
    実はいま、冬の新たなオリンピック競技候補として、
    ヨーロッパ各国で大きな注目を集めている。

 

 

 

 

    現在、このシクロクロスは世界的に人気が出つつあるものの、
    競技自体は、発祥の地ベルギー中心に行われている、
    自転車競技であり、他国の選手層の薄さから、
    結果的には、ベルギー選手が上位を独占することも、少なくない。

 

 

 

 

    これが、オリンピック競技へとステップアップすれば、
    まさに、競技の国際化が一気に加速していくことは間違いない。

 

 

 

 

    とは言え、オリンピック競技として正式に認められるには、
    まだまだ超えなければならない、大きな壁が存在する。

 

 

 

 

    まずは現状、冬季オリンピックの種目は、競技規定では、
    ”競技は氷上、もしくは、雪上で行われる競技”
    と、定められている。

 

 

 

 

    ところが、ここに思いがけない援軍が現れた。

 

 

 

 

    今、あの陸上競技のクロスカントリーが、
    ”冬季オリンピックでの正式種目を目指す”
    という話が持ち上がっているというのである。

 

 

 

 

    このクロスカントリー競技の冬季五輪への参加の動きが、
    シクロクロスサイドには、またとない追い風となった。

 

 

 

 

    つまりすでに夏の競技となっている、実績をもつクロスカントリーと共に、
    今現在、”氷上と雪上で行われる競技でなければならない”
    と、定められている、冬季五輪参加へのレギュレーションそのものを、
    一緒に変えていく、共同戦線が取れるからである。

 

 

 

 

    これに限らず、今後様々な競技が、
    冬季オリンピックの正式競技を目指すことになろうが、
    たくさんの人が多彩なスポーツを楽しむきっかけとなり、
    オリンピックが、さらに、身近なものになっていくとすれば、
    これは多いに歓迎される話であろう。